西尾・岡崎でオーダーメイド枕・マットレスなら
「睡眠ハウスたかはら」

0563-54-6688

無料診断を受けてみませんか?

BLOG 快眠ブログ

2017.11.03

豊明市F様、羽毛肌掛けふとんリフォーム事例

いつも23号線を通って西尾までお越し頂くF様。

3年前、一昨年の冬布団リフォームに続いて、今回は肌掛けふとんをお持ち頂きました。

ご使用年数は20数年。

かなりくたびれた状態になっていましたが、中の羽毛は質の良いものでしたので、リフォームをする価値がある羽毛布団です。

羽毛布団リフォーム 愛知

大阪西川(現西川リビング)製。

当初流行った側生地に絹が入ったタイプです。

光沢が出て豪華に見えるんですよね。

肌触りも柔らかくなります。

 

ただ、絹(シルク)というのは少し弱い部分もありますので、長く使っていると破れてしまうこともあります。

今回のF様の場合は使い方も良いのでしょう、長くもっている方です。

 

ダウン混合率は90/10%

羽毛量は500g。

肌掛けふとんにしては、たくさん入っています。

(現在は300g、もしくは400g程が多い)

羽毛布団リフォーム 三河 刈谷

側生地にシミがついていますね。

長年使うとこのようになっているおふとんは多いです。

羽毛ふとん 打ち直し

かさがかなり減ってしまったので、F様のご要望としてはかさを復活させたいということでした。

そこで、前回のリフォームでも使用した「ポーランド産ホワイトマザーグースダウン93%」を足し羽毛として使用することにしました。

出来上がりはお持ち頂いた量と同じ500g入れにします。

 

羽毛ふとんの側生地は超長綿60サテンを使用しますので、ガサガサ音がすることはありません。

また10年気持ち良くお使い頂ける羽毛府布団ができますよ!

F様いつもご遠方よりありがとうございます。